ミシン初心者が久々に巾着袋を作ってみた

こどもの入園グッズを作ることになりました。

しかし、わたしはミシンを使ったのが
ン十年ぶり。
趣味で手縫いの布小物を作ったくらいの
ソーイング初心者。
ミシンなんて、はるか昔に触ったきり。

というわけで、はじめはガーゼハンカチを
縫って練習していました。

今回は、裏地無しの巾着袋を
作ることに。

まず、ひも通し口になる部分を
1センチ折る。
アイロンを出してくるのは面倒なので
爪アイロンでw

そして、さらに2センチ折る
同じく爪アイロン。

 

次に、生地の両端をジグザグ縫い。

 

 

縫っているうちに、布がずれて
縫い代がよれて縫ってしまいましたー。
まあ、布のはじっこだし、練習なので
このままにしておきます。

 

それから、ひも通し口部分をミシンで縫うとき
押さえが邪魔をして、縫い止まりの場所が見づらい。
これは、ゆーっくり縫い進めながらやりました。


なんとか完成。

 

 

久々に作った割には、なかなかの出来映え

かな?

 

 

 

早速こどもが触っていましたー。

そこそこきれいにできたかな?

 

 

 

しかし、布端の処理はジグザグ縫いでなくて、
裁ち目かがり押さえをつけて、裁ち目かがり縫いを
したほうがきれいに布端を縫えたかも!

ミシンを買ったときに、専用の押さえも付属
していたのに気づかなかったんですよね。

次はきちんと裁ち目かがりで縫います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です