35w6d 破水しました

久々の更新です。

1/24の早朝、いきなり破水して
そのまま出産致しました。

以下、長文になりますが
破水から出産までの出来事です。

興味のある方はぜひご覧ください

1/24 朝方4:40分に尿もれぽい感覚があり、
おどろいて飛び起きました。

そして寝ていた夫を起こして
車で病院へ駆け込みました。

その後、そのまま入院。
そして、一日陣痛を待っていましたが
陣痛が弱まってしまったということと
破水しているため、赤ちゃんになんらかの菌に
感染してしまう恐れがあるため、次の日
(1/25 8:30頃)陣痛促進剤を投与。

そして、25日の午後に無事に赤ちゃんが
うまれました!

★陣痛についての感想。

陣痛室のベッドに横たわり、
最初の陣痛も、だんだん強くなってきて
ナースコールで助産師さんを何度も呼んでしまいました。

その時先生が子宮口の開きをチェックするため
子宮口に指を入れてグリグリされ、それはそれは
痛いのなんのって。
それなのに、まだ子宮口が3cmしか開いていませんと
言われて、「まだまだ先が長いのぉーー?(泣)」と
絶望。
※子宮口は10cmにならないと、分娩室にはいけません。

さらに陣痛促進剤を使って、痛みに耐えている時は
きつかったです。
赤ちゃんの心拍を聞きながら、心拍数と
陣痛の強さをモニターで見ることが
できたのですが、最初のうちは食事を摂ることが
できるくらいの痛み。

でも、だんだん陣痛がきつくなってきて
その陣痛がきついときの数値を
見る余裕が全くありませんでした。

もう、陣痛がくるたびに
「うーーん」と唸り声をあげておりました。
喉が乾くわ汗だくになるわで、息も絶え絶え
状態。

なので夫にモニターの数値を見てもらおうと
思っていたら、疲れて寝ていたようで…(-.-;)

横になるスペースもなく、夫は丸椅子に
座って付き添いをしてくれていたので、
疲労困憊だったのだと思います。

さらに、子宮口が全開になるまでの痛みといったら…
はやくいきんでだしちゃいたいー!
と思っていました。
なんというか、なにかが子宮を下へ移動して
いく感覚。
そして定期的にジワジワと痛みが増していくんです。

二日目の生理痛なんて目じゃないくらいの
痛みですね。

それから、結局陣痛は強まらず
今日は生まれないかなということで、赤ちゃんの
心拍数と陣痛のモニターを外されてしまいました。

とたんに不安になりましたね…。
赤ちゃんの心拍数が聞こえていれば、赤ちゃんの
無事が確認できるのですから。

それから、まだ陣痛を我慢できたときに
助産師さんにおねがいして、心拍数と陣痛の
モニターをプリントアウトした紙を、スマホで
撮影させていただきました。
※紙は、蛇腹状になっていて、かなり長さが
あるのですべてコピーは難しい。

長くなってしまいましたが、出産の記録は
また後日。

たしか、アソコの入り口まで赤ちゃんが
下りてきた感覚があり、慌てて
「生まれそうですぅぅーー!!」とナースコールを
した覚えがあります。

その後陣痛室の準備をしますからと言ってくれて
やっと出せるー(失礼w)と安堵した記憶があります。

そして「まだイキんじゃダメっ!」と助産師さんに
言われながら車椅子で分娩台に向かった記憶が
おぼろげにあります。

初めてのお産でしたが、そういうのって
本能でわかるものなんですねぇ。

あと、ちゃんと陣痛の記録をスマホに
メモしたかったです。
痛くてそんな余裕がなかったので仕方ない。

それから、いま思えば
破水する数日前の発熱は、破水の前触れ
だったのかなと思います。

無事に赤ちゃんを産むことができたのは
幸いでしたが、きちんと病院にいけばよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です